仙寿院/釜石応援団あらまぎハート 共催事業

★メディア・取材関係者の資料はこちらより★

○Click here for English translation page○


〜 東日本大震災と津波の記憶を千年先の未来に伝える 〜

津波発生時の速やかな避難行動を啓発する

第7回 「新春 韋駄天競走」



東日本に大きな被害をもたらした2011年3月11日の地震そして津波。
その記憶と教訓を次の世代に伝えるための取組みが各地で行なわれていますが、
少しずつ風化する事は簡単には避けられません。
私達は、
千年に一度とも言われた震災の記憶を長く後世に伝える媒体として「祭り」に注目し、
古くから行なわれ地域に密着した「節分追儺会(せつぶんついなえ)」の中の行事の一つとして
『韋駄天競走』を企画し、関係各位のご理解とご協力のもと2014年2月に第1回を開催しました。

  
(2014年・第1回の写真です)

津波が到達した市街地から、
避難所でもある寺まで競走する事で迅速な避難の意識を根付かせようとするこの試みは、
各方面からご賛同とご支持を頂き、多くのご協力のもとでこのたび第7回を迎えます。


(2017年・第4回の「福男・福女・福親子・福少年」)



概要について、以下の通りご案内いたします。

『 新春 韋駄天競走(節分追儺会内)』
 日  時 : 2020年2月2日(日)10:00頃〜
会  場 : 日蓮宗 仙寿院(岩手県釜石市大只越町2-9-1)


参加資格 : 一般の部=中学生以上、親子の部=親+小学生以下の子供
     <男性29才以下/男性30才以上/女性/中高生/小学生/親子>の計6部門・各20名程度

参加方法 : 事前エントリー形式。受付期間: 2020年1月7日(火)〜25日(土)。
メール・FAX等で受付。希望者多数の際は安全確保のため抽選あり。

集合場所 : 釜石市只越町・消防団第一分団 第三部屯所(只越集会所)

◇津波が到達した街中をスタート地点とし
     高台にある避難場所(=仙寿院)まで駆け上がることで
    避難所まで逃げれば助かる事とランドマークの位置を知らせ
     逃げるといいこと<福>がある=生き延びることができる
    逃げることはいいことだ、という意識を根付かせることを目的とする
◇各組毎に一斉に競走し、それぞれの1位を福男福女として表彰
◇男女それぞれの1位には、裃を着用し豆まき等の節分追儺会にご参加頂く
◇参加者には参加記念品を贈呈

★参加申込書はこちらからダウンロード【PDF・A4 2ページ】★

【主催】日蓮宗仙寿院・釜石仏教会  【協力】釜石応援団あらまぎハート
【問い合わせ】info@kamaishi-ouendan.com
釜石応援団 ARAMAGI Heart <下村>:(メディア担当窓口)
日蓮宗 仙寿院 <住職・芝崎惠應>: 0193-22-1166

 


コース解説



釜石市防災市民憲章 ”命を守る”
(2019年3月11日 制定)





Copyright  仙寿院 / 釜石応援団あらまぎハート